査定で得をするのに洗車をするといいみたい

車を売却する際に、洗車するといいみたいです。

 

中古車買取のホームページを見ると、「洗車はしなくても可」と記載されていることがあります。

 

でも、洗車しなくてもいいという言葉は、鵜呑みにしないほうがいいようです。

 

車の出張買い取りを依頼すると、査定員が来て決められたチェック項目をチェックして査定額を算出します。

 

決まったチェック項目があるとは言え、査定員も人間ですから車の第一印象ってとても大切になります。

 

綺麗に洗車されていると、「丁寧に扱っている車なんだな」と好印象を持ちますから、何かと査定で得になります。

 

逆にボディが汚れていたり、車内に色んな荷物が置いてあって汚かったら実際には不具合が無くてもなんとなくマイナスイメージで見られがちです。

 

ですから、査定の前に洗車して綺麗にしておくと共に、車内を綺麗に掃除して不要な荷物は降ろしておきましょう。

 

意外と気がつきにくいのは、タバコや飲食物、ペットの臭いです。

 

自分は慣れてしまって臭いに気がつかない場合もありますから、あまり自分の車に乗らない人に臭いをチェックしてもらうのも良いでしょう。

 

タバコを吸っている方は、得にヤニがついて黄ばんでいたりしないように綺麗に拭きましょう。

 

天気の良い日にドアを開けて消臭するのもオススメです。

 

逆に修理にお金のかかるような凹みや傷はそのままにしておいた方が損をしないようです。